C91作品感想メモ:STG「Bloody Butterfly ~血色の蝶~」C91体験版 ~ライフを削って特殊攻撃。攻防一体となる設置型砲台の使いこなしが楽しい!

「弾幕をかわしたり消したりするシューティングゲーム(マニュアルより引用)」。ライフゲージ制で、かつ残機に相当する“ライフストック”もあるのですが、このライフストックを消費するボム的な攻撃があったり、またライフ自体を消費して特殊な攻撃を行うなど、ライフを生存と状況打開へどう割り振るかというリソース管理の戦略も楽しい作品でした。体験版は3面までプレイ可能。

以下、ざっくり箇条書きでメモと、プレイの感想など。

  • ライフは敵を倒すと回復。ライフゲージが満タンになると“ライフストック”が1つ増える。
  • ダメージを受けてライフゲージが尽きたときにライフストックがあれば消費してライフをゲージの半分まで回復(残機代わり)。また、ライフストックを消費して“ライフバースト”と呼ばれる強力な攻撃も(ボム代わり)。
  • 低速移動時にライフを消費して特殊攻撃。
  • ライフストックの数に応じたパワーアップもあったり。
  • 自キャラクターは2タイプ。
    • 吸血鬼 ミーディア・サンライズ:キャラクター選択でこっちがデフォルトなのですが「低速移動ボタンで高速移動攻撃」といういきなりテクニカルなキャラで戸惑いました。その高速移動攻撃(発動中無敵だけどじわじわライフが減る)も弾消しもできるなど高性能なのですが高速ゆえに使いこなすのが難しく、こちらでは体験版クリアできていません……(汗)。
    • 私立探偵マーシュ・ガルツ&事務所に住み着いた神霊?アミーシャ・グルーストのコンビ:通常ショットはアミーシャが次々に敵へ突撃。特殊攻撃は設置型の式神砲台。ライフストックの数に応じて同時に設置できる数が増えて、一定回数自動で攻撃してくれる。弾除けにもなるので非常に強力。こちらの方が断然扱いやすく、こちらで体験版クリアしました。アミーシャかわいいよアミーシャ。
トリッキーとあるけど個人的には使いやすかったです。アミーシャつよい。

というわけで、以下、主にマーシュ&アミーシャコンビの方でプレイした感想になりますが……。

特殊攻撃でライフを消費するといっても、感触としては被弾する方がずっと痛いので、ある程度はバランスを取りつつも惜しまず使っていくのが良さげ。ボス戦の弾幕などはなかなか激しいですが、「ここは避けられる」「これは式神砲台で防ごう」みたいな判断をしてくのも面白かったです。低速移動=特殊攻撃なので、普通に低速移動したいだけの時も、式神砲台の設置上限数に達するまではライフを消費してしまうのがややジレンマではありますが……。

また、比較的弾消しがしやすい分、3面あたりからは敵の攻撃も激しく、いい意味でなかなか忙しかったりも。アミーシャがマーシュから離れて画面上方で戦っている間、マーシュ側からいわゆる普通のショット的なものは一切出ないので、そこで隙ができるのを式神砲台の設置で凌ぐ、という感じかな。そういう意味ではトリッキーといえばトリッキーかもですが、やはりアミーシャに任せていれば大抵の局面は切り抜けられるのが大きい。アミーシャ頼もしいよアミーシャ。

BGMもなかなか好み。ちなみにサンプル動画のステージ道中で流れてる曲と実際の道中BGM曲は別のようです。掛け合いの会話もありますが、ボス戦前など間に挟まるのではなくそのまま戦闘に突入しつつ脇に表示される形で、(読み逃す恐れはありますが)テンポのよい進行でした。

という感じで完成版も楽しみな作品です。

アミーシャかわいいよアミーシャ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。