ブラック★ロックシューターの時系列とユウの立ち位置について(ネタバレ)

ニコニコ動画でブラック★ロックシューターが無料配信されていたので(31日まで)観てみましたが、とてもよい女子中学生友情ものでした。戦闘パートは比較的どうでもいい(笑)。まあ、存在自体がアクセントにはなっていましたけど。あと百合ではない。「女の子同士の友情もの」と「百合もの」には明確な違いがあります(力説)。

さておき、時系列がシャッフル気味だったので「こんな感じだよな」と確認してみたら、今度は別の疑問が出てきたりしたので簡単にメモなどしておく感じで。まあ、方々で既出な気もしますがその辺は敢えて見ずに。ニコニコ動画上のコメントもオフにしていたので未確認。もう一周するならオンにして見てみるつもりですが。

というわけで以下、超絶ネタバレになりますのでご注意ください。

作中の時系列について

明示されていないのであくまで推測ですけど、ループとか並行世界とか持ち出さずにストレートに解釈すればこんな感じだと思います。

  1. タイトル直後、マトの目覚めのシーンから日常パート始まり
  2. ED(スタッフロール)直前のシーンでマトがBRS化(同化?)、「ヨミが囚われている世界」(以下、便宜上「異世」と呼称)へ
  3. 日常パートに挟まれている異界シーン(ヨミと遭遇する前)
  4. 日常パートに挟まれている戦闘シーン(このなかの何処かに冒頭の戦闘シーンが挟まる)
  5. 2の直前、異界でヨミが元に戻るシーン
  6. ED後のシーン

なんか説明しにくいですが、一言で言ってしまえば「本編に挿入されている戦闘シーンは、時系列には並列ではなくED前の本編ラストシーンから続くもの」かなと。

ただそうなると、1つ疑問が沸いてしまいました。

ユウって何者?

エンディング後でいかにも、「次はユウ(バスケ部のマネージャーの子)がダークサイド落ちますよー」みたいなシーンがありますけど、よくよく考えたら異界のシーンにちらっとユウみたいな人が出てくるんですよね。

なので、

  • 上記の時系列予測は実は大間違い(苦笑)
  • でなければ、ユウは実は自由に異世に出入りできる存在。下手したら黒幕

かなと。

結論

まあそんなことは気にしないで日常パートを楽しめばいいと思います(おい)。

というかエンディング後のシーン、「最後にこういう思わせぶりなヒキを入れとくと面白いよねー」くらいの軽い気持ちで入れたテンプレ伏線だとしたら勘弁してほしい。大団円でいいじゃない。本気で続き作るつもりなら……よろしくおねがいします(笑)。

おまけ

ニコニコ動画の標準のブログパーツは、WordPressの編集画面がiframeに対応しないっぽいためうまく使えなかったのですが、探してみたらWP-Nicodoというのがあったのでこれを使いました。便利なプラグインをありがとうございます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。