英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION 第1巻感想メモ(先行上映イベント行ってきました)

本日調布で行われた、空の軌跡アニメ全2巻中1巻の上映+キャスト・スタッフトークショー+jdkバンドライブのイベントに行ってきました。というわけでアニメの感想を中心に徒然と。

まず大前提として、今回のアニメは原作ゲームをプレイしていない人を完全に捨てています。「ゲームプレイしていなくても楽しめるように」なんて中途半端な配慮は一切ない、潔い作り。冒頭はなんとFCラストシーンです。その代わり原作をプレイしていれば、とても共感できる内容に仕上がっていると思います。

あ、というわけで以下の感想も空の軌跡FC、SCネタバレになると思いますので、間違えて開いてしまった原作未プレイの方はすみませんが、そっとタブを閉じたり、全編TVアニメ化されるのを祈ったり、原作全部プレイしたりしてください。

さて。空の軌跡をOVA 2本で、とかどう考えても無茶ですが、そのなかで考え得る限り最良の内容になっていると思います。具体的にはSCの内容を、「彼」を取り戻すため立ち上がったエステルの物語として、執行者との戦いを中心に再構成。遊撃士協会の面々など仲間達との関係は構築済みとして改めての説明はないなど、前述の通り原作プレイしているのが前提の内容ですが、かといって原作のどこかをダイジェストで抜き出した、とかではなく、1つの作品として完結させています……たぶん(まだ半分しか観てない段階での感想ですので)。

絵的には、背景面など色々と原作再現度が高く、プレイヤーなら嬉しくなる感じで。ツァイスの風景とか、あーマップ上のこの辺の位置からこっち向きに見てるな、というのがわかります。戦闘シーンも、原作同様に各種アーツ・クラフトを使っているのがわかりますが、とくにクラフトは直接的に技名を叫ぶとかではなく、行動でさり気なく見せてるのが面白いく。あと、アビスワーム戦がありますが、アビスワーム戦と聞いて期待する展開がバッチリ再現されていて嬉しかったです(笑)。

後日追記:アビスワーム云々はちょっと勘違いでした。攻撃受けたら電撃で反撃してて、原作通りだ……と思ったのですが、攻撃受けて発動するのは電撃じゃなくて地震でしたね……。

一方で、映像メディアならではの連係プレーの表現や、システムの枷がないからこその自由な(敢えてゲームで例えるならTRPG的な)敵の倒し方なども楽しめました。また、対執行者戦ではやはり人対人ということで、連係してモンスター退治、みたいないかにもRPG的なバトルとは違う、激しい個人戦。ただ高速で打ち合ってるとかではなく、戦ってる人が人だけに(一応ネタバレ避けるため伏せますが)えげつない技の応酬もあり、息をのみました。

あと映像ならではというと、やはり表情! ゲームも豊富な表情差分がありますが、アニメはそれ以上に、本当に1つ1つの表情が違っていて(いやそりゃそうなんですが)、とくにエステルの顔芸が冴え渡る(笑)。ティータもかわいいよ! ツァイスに到着したエステルを出迎えたティータがとてとて駆けながら飛び込んでくる、その動きと笑顔を見ただけで、もう僕ここに来てよかった、と思いましたもの。

短い尺のなかに、生活感を感じられるシーンもあるのが良かったですが、えー、その最たるものが、温泉(笑)。まあ、ツァイス編ということでエルモ村に行くので自然な流れですよね(?)ということで。40分しか尺がない割にはけっこう時間とってた気もしますが。あんまり湯気とかなくてドキっとしてしまいましたが、最近TVアニメのお風呂シーンに慣れすぎてしまったかもしれません。普通あんなに湯気ねえよこれが普通だよ、ということで。軌跡シリーズはあんまりそういう目で見たことなかったけど、こうして見ると結構エロ……いや、エロくない!エロくないけど、えーと、その、健康美?(おい) そういえば、(ここで思い出すのも何ですが)今回の旅ではシェラ姉がリーダー格となっていて、ゲームではあんまり見せない真面目に仕事してるキリっとした面が色々見られて興味深かったです。あと温泉(もういい)

こほん。さておき、空の軌跡アニメといえば発表当時、キャラデザを心配している向きもあったかと思います。私自身は動かしやすそうなデザインだなというのと、時代性にとらわれない、今風でもない代わりに何年かしても色褪せないデザインという印象でした。後者については好みもあるかと思いますが、とにかくアニメのキャラデザを静止画で評価してもしょうがないというのが私の考え。で、動いてみたら……ええ、これはエステルですよ。軌跡キャラですよ。表情がついて、ジェスチャーがあって、声が入ったらもうエステル以外の何者でもない。

結局、各メディアへの最適化だと思います。静止画立ち絵・フェイスウィンドウベースのゲームでは、それだけが絵を見せる手段なのでディテールに凝って1枚入魂、動画では動きの中でキャラをみせていく。その違いかなと。まあ、気になる方はアニメ公式のトップで冒頭6分くらいを見られるので見てみてはいかがでしょう的な。主にバトルだけなので本当に見てもらいたい日常の表情は見られませんが、まあこんな感じです的な。好みは人それぞれなので、これで合わなければもう今回は縁がなかったということで仕方ないですが、静止画だけで判断するのは悲しいなと。

というわけで、個人的には大満足の出来だったのですが、こうなるとやはり、全編アニメで観たいという夢も出て来ますねえ。ことあるごとに言ってるけど、FC 1クール、SC 2クールの分割3クールとか。

アニメについては以上。そのほか、トークショーではティオ役の水橋さんが元々軌跡シリーズのファンだったと聞いて嬉しくなったり、社長の凛々しい立ち姿にぐっと来たり。あとレン役の西原さん、いつまでもお若いなあと。

jdkバンドのライブは、知らない曲も多かったけど「銀の意志 金の翼」はやっぱり盛り上がりました。自分はアニメ目当てでjdkのライブとか(というかライブ自体ほとんど)初めてであまり勝手がわかりませんでしたが、サイリウム持ってたりjdkバンドのTシャツ着てる人とかも居て、何となくつられて場の空気に適度に乗ってみたり。てか、普通の市民ホールでやってたのですが、jdk出てきたら自然と客が立ち初めて、僕含め勝手がわからない人が「あ、そういうものなの?」て感じでパラパラ立ち初めて、最終的には1階はみんな立ってて、だんだん会場が暖まっていったのが面白かったのです。珍しい機会なので、ノリつつも割と周囲を観察しちゃってましたが(おい)。

ただ、ゲストが色々来てたのですが、これまであまりファルコム作品に関わってた覚えがない方々で、なんだろうと思ったら今度出るトリビュートアルバムの参加アーティストみたいですね。うーん、客観的には豪華ゲストなのでしょうけど、小寺さんの歌をもっと聴きたかったというのが正直な感想かなあ。Cry for me, cry for youとか、小寺さんがそこに居るのにゲストの方の歌で聞くのもちょっともどかしいというか(コーラス小寺さんだったけど)。

あと、これは私が100%悪いのですが、今日きっと碧の軌跡の主題歌やるだろうから、それまでOP見るくらいまで碧の軌跡進めておこう……と思ったものの結局間に合いませんでした。そしてやっぱり先にライブで聞くことになってしまいました……。あ、 Way of Lifeもやるかなあと思ったらこっちはなくてちょっと寂しかった。これなら超盛り上がれる自信あったのですが(笑)。

まあそんな感じで。15日の立川の初回上映も観に行く予定です。てか、こちらの舞台挨拶は監督と社長なんですが、池袋の方はエステルとヨシュアの中の人だったのか……。さすがに両方行く元気はないかなあ。

追記:(この日記とは関係なく)今日の感想を簡単にTwitterに書いていたらアニメ公式アカウントから、立川の舞台挨拶に小寺さんいらっしゃるとのリプライをいただきました(びっくりした)。そういえばライブのとき仰っていたのを忘れていた。楽しみです。

追記2というか蛇足:1点書き忘れ。今回のイベントって、ニコニコ動画で有料ライブ配信してたんですよね。ただ、その事は会場の人にはとくに知らされてませんでした。私はニコニコ動画のお知らせブログで見たので知っていましたが。で、ライブのMCとかでちょっとだけニコ動で見てる人へ呼びかけてたりしてたのですが、知らない人は何のことかわからなかっただろうなと。実際、帰るとき、「ニコ動配信してたのか」「最初何言ってるんだかわからなかった」という会話が聞こえてきました。

ライブ配信などは大変結構だと思いますが、配信していることは「あらかじめ告知する(ニコ動も会場の延長として一緒に盛り上がる)」か「一切触れない(ニコ動はあくまで二次配信のイメージ)」かのどちらかで徹底するのがよいと思いました。「今この場は、ここに居る人達だけで共有している」のかと思ったら、あれ、違ったの?という拍子抜け感がちょっとあれかも。まあ気にしすぎかもしれませんが。

Pocket

4件のコメント

  1. 昨日30週記念映画&コンサートに行って来ました。空の軌跡OVAの一部観賞&jdkバンドコンサート超⇒感激致しました。またバンドコンサートがあったら行きたいと思います。

  2. 2824adoruさん、コメントありがとうございます。昨日はよいイベントでしたね。ライブも盛り上がりましたし。私も、機会があったら、もっと小寺さんの歌を聴いてみたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。