英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION 立川初回上映&舞台挨拶に行ってきました

……って1週間以上前、15日(土)のことですが。ここ2週間くらい碧の軌跡にハマりっぱなしで、日記書く暇もありませんでした。と書くともうクリアしたみたいですがまだ3章です(苦笑)。長い2章が終わって(2章だけで20時間やってた……)そこそこいい感じのオーブメント構成ができたので、ちょっと一休みして溜まった私事を片付けようかなと。ちなみに2章で推定魔物レベル80代の黒宝箱とっておくと2章終盤以降が楽ですね。アレとかアレとかが、火属性上位アーツで割と楽勝(笑)。だいたい宝箱のレベル-20くらいが挑戦する目安かなあ。-30でもダメモトで挑戦してみたけど、さすがにランディの通常攻撃がダメージ0とか戦術で何とかなるレベルを超えている。アイテム大量投入とかの戦略ではなく、あくまで戦術で勝ちたいですし。

と壮絶に話が逸れましたが、英雄伝説アニメの映画館上映と舞台挨拶を観に、立川へ。てか立川遠いよ! 松戸から1時間半かけて行きました。ネット予約入れたあとに池袋でもやってることに気付いて、両方ハシゴするかどうか悩んだのですが、さすがにそこまで時間的余裕はなくパス。

さておき、本編を観るのは前週の調布での30周年イベントに続き2回目。本編の感想はそっち参照ということで、今回は舞台挨拶の内容で忘れたくないことをメモ。ってもうすでに忘れかけてますが。いかんな……。

と言いつつ、まずは本編2回目観ての感想から。

  • 前回も書いたように、今度のアニメではシェラ姉がパーティリーダーっぽい感じで珍しく?キリっとした仕事ぶりを見せてくれるのですが、その代わりボケとか女王様ノリが観られなくて寂しい。あのメンバー構成じゃお姉さんポジションになるのも仕方ないですけど。強いて言えば冒頭戦闘でオリビエを鞭打つところですが、あれって「ヘブンズキス」やってたんですね。あんまり活用してなかったので忘れてた……。前週のイベントで上映後に監督のコメントでやっと気付いたという。
  • これも上映後に監督コメントで気付いたのだけど、ジンさんとかそれなりに出てきてるけど台詞はないのね。そこに居るだけで存在感が大きいので、実はしゃべってるシーンがないって気付かなかった(苦笑)。
  • ヴァルター vs ××××(一応伏せ字)戦、2回目でもやはり速さと手数の多さに圧倒される。ただ高速で撃ち合ってるんじゃなくて、技の応酬として描かれてるのがいい感じ。そしてそこから前編クライマックスへの流れ、1回目のときは一生懸命話を追わなきゃ、台詞聞き逃さないようにしなきゃ、と張り詰めてたので、むしろちょっと気が緩んだ2回目のほうが涙腺が……。

という感じで40分観た後で、舞台挨拶開始。アニメライターの小林治さんの仕切りで、登壇は橘監督と近藤社長、jdkバンドの小寺さん。拝見するのは前回のイベントに続いて2度目です。監督は現場から抜けて来ました~って感じのラフな格好(実際後編の制作真っ最中らしい)、社長は相変わらず立ち姿が凛々しい。小林さんによると、もともとは10分の予定だったけど、劇場側から次の上映に差し支えない範囲で自由に時間使っていいよと言われ、どこまでやるかは小林さんの胸三寸とのこと。で実際やってみたら……小林さんの軽妙な進行のおかげもあり、なんと1時間弱、上映時間より長い内容となりました。最後は劇場側から急かされてたっぽい(苦笑)。というわけで大変濃い内容でしたが、そのうちとくに覚えておきたいことだけピックアップしてメモ。

  • 今回が初の5.1ch上映とのこと。ただ、自分自身はちょっとわからなかったというか、音響はちょっと籠もった感じであんまりよくなかったなあ。池袋の方も行ってみたほうがいいかも。と言いつつこの週末に結局行かなかったので無理かも。次の土曜日に行こうかと思ったけど、金曜日で終わりでした。そりゃそうか、2週間って土曜開始~金曜終了ってことよね……。
  • そもそも日本の家庭で5.1ch再生環境ってどのくらい普及してるんだろうって前から疑問だったのですが、「自宅に環境ある人?」と呼びかけられて手を挙げていたのが、180席がほぼ満員の環境で視認できる限り3~4人ってところでした。アニメのイベントに来る人でもその程度なんだよなあ、やっぱり。
  • あと客席アンケートでは、「原作知らないでいきなりアニメ観に来た人?」というのに10人弱くらい手を挙げていた模様。正直0人だと思っていたので思ったより多かった。前回の感想にも書いたように、完全に原作プレイしてない人捨ててる内容なので、どういう印象だったか感想をお聞きしたいところですが。純粋にアクション部分など観ても凄い作品ではありますけどね。
  • ファルコム側は、脚本とコンテをチェックして、「エステルはアガットに対して丁寧語でしゃべりません」とか設定面のフォローをしていたらしい。
  • これは前回のイベントでも話してたけど、40分×2本で何ができるか、というのを考えた結果、エステルの視点で、ヨシュアに再会するまでの話としたとのこと。あれ、でもそう言えば、PVにはアクシスピラーでの対レーヴェ戦っぽいのがあったんだけど、その辺はどうなるんだろう。まあ後編に期待ですな。
  • 監督によると、メインキャラ以外にもゲームに出てくるキャラは小ネタ的にたくさん出しているらしい。ゲームではドット絵しかないキャラのキャラデザを、ドット絵をもとに起こしたとか。流石にそれはわかんないよ!って話になって、小林さんより「発売後に特典か公式サイトかで、(どこに誰が出てるか)正解発表してほしいよね?」という提案に会場拍手。
  • そしてそして……監督より、壮大な話なので、TVシリーズ1年とかもできたらいいねとプロデューサーさんと話している、という発言。いやほんと夢ですわー。もちろん現状、具体的にはまだ何もないとは思いますが。まずはOVAが売れないと……しかし繰り返しになるけど、短い尺のなかで原作ファンの満足度を追求するあまり、原作未プレイの人向きではない内容になっているので、現実的には厳しいかもしれません。まあ、1ファンとしては少しでも可能性が高まるようOVA買って支援するしか。いや別に支援とかじゃなくても普通に欲しいわけですが。2回みたけど、まだまだチェックしたい部分もありますしね。

あとは小寺さんによる歌(もちろん「銀の意志、金の翼」)などもあり。jdkバンドとして出てるのと違って映画館の壇上で歌うというのもやりにくかろうと思いましたが、そこは適度に客席をあたためつつも、先週のイベント時の熱狂とは違った雰囲気で落ち着いて歌が聴けました。ていうか、今回も客席立つのか?いやさすがに立たないか?とか悩んでいたら、小寺さんのほうから「立つとスポット当たらなくなっちゃうんで(笑)」とか綺麗に誘導していただけて。そういう配慮が素敵だなあとか。

そんな感じで、上映は18時に始まったけど舞台挨拶も終わって劇場出たらもう20時くらいで辺りも暗く。予定ではその後秋葉原に寄って帰るつもりでしたが、もう今から行っても店とかじっくり回る時間ないかもと諦めて、せっかくの機会なので軽く立川駅周辺をめぐってみました。というか、通過したことは何度かあるけど、降りるのは初めてかも?

  • 昭和記念公園に行ってみたけどもちろん閉まっていた。今度昼間からゆっくり来てみたいかも。
  • 知らない街に来たらとりあえず本屋ということで、ネットで探してみたら駅前にある本屋が全部オリオン書房でびっくりした(笑)。しかも一つ一つが結構でかい。地元企業寡占状態……?
  • 立川といえば「終わりのクロニクル」1巻冒頭のシーンでも出てくるので、プチ聖地巡礼でもしてみようかと思ったけど本持ってくるの忘れた。ぐぐって調べた感じだと、第一デパートというのがぶっ壊されたビルらしいので行ってみたけどこちらももう閉まっていた。
  • そのほか立川駅北口側をふらふらしていましたが、思ったより全然都会ですねー立川。
Pocket

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。